合同会社

会社設立の際に考えられる会社のタイプには、合同会社というものも存在しています。合同会社の設立にも資本金が必要になってきて、合同会社の場合も1円からの資本金で設立が可能となっています。また、株式会社と同じように法定費用が発生しますが、額などは株式会社と異なってきますので、しっかりと確認しておきましょう。

会社さらに、その他の費用として実印作成費用などが必要になってきますが、実印は会社の信用度にも関係する部分ですので、あまりにも安くてすぐに破損してしまうものは選ばないようにしましょう。それなりの素材で作られた実印の方が、印象からくる信頼性は高くなるでしょう。

合同会社を設立するなら、株式会社との違いについても確認しておきたいところです。合同会社は、有限会社の設立ができなくなるに伴って、スタートした新タイプの会社です。メリットとしては、出資者が少ないような会社に向いている点で、個人経営の会社を設立したいなら、見逃せない形式です。最近は、様々な技術の発達によって、個人経営で会社を設立する方も増えてきています。そのような意味では、時代のニーズに合致した形式の会社であるのが合同会社といえるのではないでしょうか。